オイリー肌におすすめクレンジングランキング

脂っぽいオイリー肌のあなたには、肌のうるおいを奪いすぎないクレンジングがオススメです。
たまってしまった脂汚れもスッキリ洗い流してくれるクレンジングを探してみました。
あなたのお気に入りを探してみてください。

第1位 ヒフミド クレンジングミルク
ヒフミド クレンジングミルク
無香料無着色無鉱物油
どんな肌質でも使える無添加で低刺激のクレンジング。低刺激成分と不足している皮膚成分を補充できる「天然型セラミドU」を高濃度で配合した高い技術は小林製薬の品質にこだわる姿勢があってこそ実現しました。
価格 3,150円
容量 120ml
種類 ミルク
トライアル ヒフミドトライアルセット
980円 送料無料
クレンジングミルク10ml、ソープ16g、モイスチャーローション19ml、クリーム4g、UVプロテクトミルク5g、スクエアトート

第2位 ライスフォース ディープモイスチャーメイクアップリムーバー
ライスフォース ディープモイスチャーメイクアップリムーバー
無着色オイルフリー石油系界面活性剤フリー
無添加だから肌にやさしい。透明のジェルがメイクになじんで汚れをさっぱり洗い流します。洗い上がりさっぱりつるつるなのに、うるおいは奪いません。
価格 3,675円
容量 120g
種類 ジェル
トライアル 深層保湿トライアルキット
1890円 送料無料
ディープモイスチュアローション20ml、ディープモイスチュアエッセンス8ml、ディープモイスチュアクリーム5g、メイク落としサンプル2包、洗顔料サンプル2包、UV化粧下地サンプル2包

第3位 オラクル メイクアップ・エリミナー
オラクル メイクアップ・エリミナー
美容液のようなフィーリング。それは植物成分の調合で作り出されたものだから。洗い流しもとけるようにやわらかく、絹のようになめらかな肌へ導きます。
価格 5,250円
容量 130g
種類 リキッド
トライアル トライアルセット
1800円 送料無料
メイク落とし20ml、洗顔料25ml、化粧水18ml、美容液5ml、ナイトクリーム3ml、集中ケアマスク10ml、目元用美容液3ml

第4位 アグレーラ クレンジング モイスト
アグレーラ クレンジング モイスト
保湿成分「モイストソフナー」が角層をやわらかくし、洗浄成分「メルティクリアオイル」が落ちにくいマスカラや、小鼻の角栓もすばやくオフ。肌に乗せた瞬間、オイルが水のように変化して汚れをくるんで落とします。
価格 3,675円
容量 120g
種類 オイル
トライアル トライアルセット
3150円
クレンジングモイスト20g、ウォッシュモイスト20g、ローションリフトモイスト20g、ミルクリフトモイスト10ml

女性の脂性肌(オイリー肌)の殆どは、実は水分不足によるインナードライがほとんどです。

肌の潤いが不足したために、肌が最終手段として肌の保護膜として働いている皮脂を分泌し、カサカサなのに油分が多い脂性肌(オイリー肌)にしてしまうのです。

では、脂性肌(オイリー肌)の人にとって最適にクレンジングとはどのようなものかご存知でしょうか?

ここでは、脂性肌(オイリー肌の)の人が、クレンジングを選ぶ際に気をつけたほうが良いことをご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。


【クレンジング選びのポイント】

・クリームタイプやオイル、乳液タイプがお勧め

・水性・油性ともジェルタイプがお勧め

・界面活性剤が入っていないものがお勧め


【オススメの成分と効果】

・甘草由来成分・・・肌荒れを防ぐ

・植物成分・・・皮膚を保護・保湿し、毛穴の汚れを落とす

・ヒアルロン酸・・・保湿効果

・ミネラル・・・余分な角質と毛穴汚れまですっきり落とす


【オススメしない成分とその影響】

・合成界面活性剤・・・肌への負担が大きい

・オリーブなどの種子オイル・・・余計に肌が脂っぽくなる、べたべた感を感じる

オイリー肌の人がクレンジング選びで気を付ける事とは?

■オイリー肌のクレンジング選びで気を付ける事とは?

オイリー肌の人が、クレンジング選びで気を付けなければならないのが、クレンジングの洗浄力です。
オイリー肌の人は、皮脂の分泌量が多いため、それをすっきり落としたくて、洗浄力が強いクレンジングを選びがちです。
確かに、洗浄力が強いクレンジングであれば、メイクも皮脂もしっかり落とすことができるのですが、洗浄力が強すぎるとかえって皮脂の分泌量が増えてしまうことがあります。
洗浄力が強いクレンジングというと、オイルクレンジングですが、オイルクレンジングは、肌に必要な皮脂まで根こそぎ取り除いてしまい、かえって皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
それによってオイリー肌が悪化してしまったり、開いた毛穴に古い角質や皮脂が詰まってしまい、にきびの原因になってしまいます。
そのため、オイリー肌の方は、オイルクレンジングを選ばない方がよいでしょう。


■オイルクレンジングを使える場合もある

オイリー肌の方は、オイルクレンジングを選ばない方が良いと述べましたが、しっかりメイクの時だけ洗浄力が強いオイルクレンジングを使ったり、すすぎを念入りに行うことを前提として使うのであれば、オイルクレンジングを使っても大丈夫でしょう。
オイリー肌の方は、敏感肌の方や、乾燥肌の方よりも乾燥に強いので、頻繁に使わない、すすぎを念入りにするというのであれば、使えることもあります。


■オイリー肌の方は、ミルクタイプやクリームタイプを選ばない

オイリー肌の方がクレンジングを選ぶ際は、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは選ばないようにしましょう。
ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使うと、肌に余計な皮脂が残ってしまい、べたべたした肌になってしまったり、オイリー肌が悪化してしまうことがあります。
オイリー肌の方は、スクラブ入りのクレンジングや、ジェルタイプのクレンジングがオススメです。
また、リキッドタイプのクレンジングも適度な洗浄力があり、オススメです。
オイリー肌におすすめなクレンジングランキングをご紹介しています。

このページのトップに戻る